ポテトまんじゅう|15YAの家ごはん(35)
0
    私のふるさと
    山梨からじゃがいもが
    ゴロゴロリと届きました。
    旬を迎えたんですね〜。
    今がおいしいときです。

    じゃがいもは寒い地域や
    荒れ地で育つほど生きる力が強い野菜で
    胃腸をととのえ丈夫にしたり
    気を補う力にもなってくれます。

    それから、キュウリやスイカ、ナスと同じように
    じゃがいもも体の水分を外に出して熱を冷ましてくれます。
    強い日差しから体を守ってくれているんですね…ありがたいです。

    ■じゃがいもの作用
    胃腸の活性化・高血圧予防・むくみの緩和・疲労回復・胃腸潰瘍の痛みの軽減緩和便秘の緩和など
    (食べ過ぎるとガスがたまりやすくなったり、消化不良をおこすことがあります。
    また、体が冷えているときや腎が弱っているときは控えます。)

    ■ジャガイモの自然療法:捻挫(熱をとって体をととのえる)
    ジャガイモと生姜をそれぞれすって2:1の割合で準備します。
    これを、ガーゼやてぬぐいなどにぬり、捻挫したところに湿布のようにしてあてます。(1日1回つけなおす)

    ■ポテトまんじゅう
    <今回の材料>
    じゃがいも、小麦粉、全粒粉、味噌、しそ
    *味噌の変わりに、カレー粉や塩胡椒などを加えてもおいしいです。

    <作り方>
    1、じゃがいもの汚れをとり、皮ごとふかします。
    2、じゃがいもの皮を取り除いてからつぶします。
    3、2に少しずつ小麦粉、全流粉を加えて混ぜ合わせ
      耳たぶほどのかたさ(ボールにくっつかない)にします。
    4、味噌を加え混ぜ合わせます。
    5、食べやすい大きさにまるめ、ふかしあがったらできあがりです。

    おやつとして、軽い昼食としてどうぞ。

    ポテトまんじゅう

     
    | 15YA(ジュウゴヤ) | 15YAの家ごはん | 14:00 | - | - |