咳には、レンコン茶|女性と健康
0
    コンコン コンコン
    咳をされている方が多いようです。
    こんなときは、今が旬”レンコン”をいただいて
    体をととのえましょう。

    <レンコン>
    ・体にこもった余分な熱をおさめ、血行をよくします。
    ・のどを潤すため、のどの渇きをおさめます。
    ・気管支粘膜の腫れをおさめます。
    ・胃腸の粘膜を潤し保護し、消化を助けます。

    ●熱があり、咳がはげしいときは・・・
    ・レンコン汁をいただきます。
    レンコン汁?!というと、えっ!と思われる方もいらっしゃるかと思いますが
    レンコン汁は、実は、とっても甘いです。
    想像されているより、きっとおいしく感じられると思います。

    材料:
    レンコン絞り汁 大さじ3/生姜のおろし汁 小さじ1、塩 1粒(つまようじの先につく程度)
    *1日1〜2回。

    ●熱がなく、咳がでるとき、痰がつかえるとき、気管支炎、ぜんそくには・・・
    ・レンコン湯をいただきます。
    とても飲みやすく、おいしいです。

    材料:
    レンコンの絞り汁:大さじ3/生姜のおろし汁:2〜3滴/お湯:レンコンの搾り汁の2〜3倍/塩:ひと粒

    つくり方:
    鍋に材料を入れ、火にかけてひと煮たちしたら(真ん中が煮立ったら)、火を止めてかきまぜます。
    *グラグラ煮立てないようにします。
    *1日1〜2回。
    *咳が強く、息が苦しいときは、梅生番茶をいただきます。

    ●食べすぎや飲みすぎたときには・・・
    レンコン茶、おすすめです。
    (節の部分は硬いので料理にはちょっと食べにくいですね。でも、お茶にすると、おいしくいただけます。)

    つくり方:
    お湯を沸かし、おろしたレンコンを入れ、煮立ったら止めます。茶漉しでこしていただきます。
    ・漉したときに残ったレンコンは、ハンバーグなどの材料に。
    ・レンコンは、搾り汁を入れる方法でもよいです。

    *お酒をのみすぎときの体は、肝臓が疲れ、胃腸は冷えて、バランスは陰性(冷えが強い)に傾きます。
    こんなときに、ホッとしたり、おいしいと感じるものは、消化がよくあたたかい・・・おかゆや、おうどんなどかと思います。
    体の回復に任せて待つのもよし、レンコン茶などで回復を手伝うのもよいでしょう。

    ●レンコンは、見通しがいい
    お正月にも用いられる”レンコン”。
    旬は、秋です。
    食べるすぎると、お腹がはるのでほどほどに。
    どんなものでも、加減はたいせつです。

    では、この秋も
    一日一日、カラダのバランスをととのえて
    楽しみましょう。

    レンコン茶
    | 15YA(ジュウゴヤ) | 食の処方箋 | 19:55 | - | - |