里山のお手入れ
0
    湧き水があり、夏にはカブトムシやホタルが遊びまわり、足元には日本の草花がひっそりと咲く里山。
    そんな里山を残したいけれど、そろそろしんどくて…そんな声は少なくない。

    里山のお手入れ開始。
    人が手を入れた里山は、人が好む木々が植えられている。
    そして、人の手が入らなくなった山はのびのびモクモクというよりもボサボサになって、水はけの悪さをうんだりしていることがある…そんなこんなも自然が長い歳月をかけ戻してゆくのかもしれない。

    キウイあり、アケビあり、柿もあり、あり
    あ、あけび!キウイ?!誰か植えたんんだね。柿もたくさん実ってる…秋だね〜。
    でもさぁ…ここの木々は光を奪い合うようにまきつきあっていたりして…なんだか苦しそう。
    ギューギューこみあってると人も木もつらいよね…枝を剪定して光が入りやすいようにするとしよう。

    ぼさぼさだった里山…1年後、10年後、先が楽しみです。
    手を入れすぎないことをこころがけて鍬をもち
    1年後、5年後、100年後…この里山はどうなっているのか楽しみににしつつ汗をかく。
    この里山のお手入れは、まだはじまったばかり…。
     
    | 15YA(ジュウゴヤ) | 山遊び・川遊び・里遊び | 18:35 | - | - |
    川あそび・川ガキ
    0
      久しぶりに川ガキの仲間たちと
      川へでかけてきました。

      川遊び教室を開催している川は
      透明度があって
      魚やカニなどの生き物もいるんだけど

      こういう川は他にないんだろか?
      きれいな川を子どもたちにみせたいなぁ。
      きれいな川で子どもたちを遊ばせたいよね。
      支流…調べてみるかぁ。

      そんなこんなで
      今日は支流調査をすることに。

      川あそび隊

      支流に到着。

      川

      透明度は、まぁまぁかな。
      水は…そこそこ冷たいね。
      …流れが少し早いかぁ。
      中学生ぐらいだったらいけるんじゃない?

      次、行ってみようか。

      川の透明度を調べたり

      山の入り口の支流。

      ここはなかなかの透明度だよ。
      水も冷たい…。
      川をのぼってるのは…鮎?!だ。

      あ…お父さ〜ん!
      お父さん、今、何されていたんですか?

      「川の様子を見に来たんだぁ。
      先週の台風のときは、橋の上まで水かさが増えてな。」

      たいへんだったんですね。
      今日は、ずいぶん川の水の量が少ないようですが
      いつもはくるぶしから膝下ぐらいなんですか?

      「今は、そんなもんだよ。
      わしらが子どもの頃は、ここで泳いだり飛び込みをしたもんだ。
      釣もしてよく遊んだ。
      今じゃ、水かさはないし、遊ぶ子どももいないなぁ。」

      水かさが昔に比べると少なくて、雨が降ると橋の上まで…?
      気候の変化の影響だろうか。
      人の生活の変化が影響しているとも考えられる。
      山が水をためられないようになってしまった、ともいえるね。

      もう少し山の方へ行ってみよう。

      川の生き物を調べたり

      川底もみえるし、水も冷たいよ。

      …これは?!

      川の力を感じたり

      台風の傷跡だ。
      向こうの橋は、ごっそりもってかれてる…。
      隣の家は床上浸水したようだね。
      近すぎるとこういうこともあるんだよなぁ。
      …それでもここで生活している…川と共存、かぁ。

      川岸の…その木の実、なんだろう?
      わんさか実ってるね。

      くるみ
      くるみ?だね。
      台風にも負けなかったかぁ。

      ふぅ〜。
      ずいぶんあがってきたんじゃない?

      ユリ

      そろそろ、くだろうか。

      あ、ここ見ていこうよ。

      川のにおいをかいだり
      この支流の水かさや流れなら
      子どもも遊びやすいね…でもなぁ。

      …におうよな。
      うん、くさいね。

      さて、戻ろうか。
      そうだね…

      遊びたい川、伝えたい川って?

      やっぱり、ここだよなぁ。
      …だね。
      川底がバッチリ見えてるし
      ウヒョヒョ、つめた〜い。

      さて、つり!はじめよっか。
      竹に糸と針をつけて…え、えさは?

      えさは、これです、ウィンナー。
      身近にあるものを使って試してみたいと思って…。

      なるほど。
      では、はじめるとしますか!

      〜1時間30分経過〜


      魚も人も喜ぶ川だなって思うんです。

      素人の私でも、こんなに釣れた(笑)
      この川は元気だね。
      同じ川でもこんなに違うんだよなぁ。

      子どもにみせたい川だよなぁ。
      子どもを遊ばせたい川だね。
      やっぱり、ここかぁ。

      さて…では、恒例のいく?
      釣った人、準備OK?
      はい、では、放流〜。

      魚くんたち、ありがとう。
      8月にあおう!!

      バシャバシャ チョボチョボチョボ〜 

      ■「夏休み 親と子の川遊び教室」/野田知佑の川遊び教室
      日時:8月21日(金)〜23日(日)
      場所:奥久慈
      詳しくは、こちらをご覧ください。→
       
      | 15YA(ジュウゴヤ) | 山遊び・川遊び・里遊び | 23:54 | - | - |
      車中泊…こんなものを作ってみました。
      0
        長距離ドライブに車中泊…
        「こんあものがあったらいいのになぁ」
        73歳の母のつぶやき。

        そんなつぶやきにこたえようかと
        試作してみました。

        試作その1:遮光カーテン(二層式)

        遮光カーテン(二層式)
        縫い合わせるときに、ギャザーを入れると
        外から内が見えにくくなります。

        遮光カーテン 涼風
        カーテンの外側に遮光カーテンをつけました。

        材料:百円均一ショップで購入した遮光カーテン、裏地のはぎれ


        試作その2:荷台の棚

        荷台の棚
        縦長のものを入れることもあるので、棚は車の横幅の半分程度。
        下の物を取り出すときに便利です。

        材料:つっぱり棒、百円均一ショップで購入した網棚と皮のはぎれ、家にあったダンボール


        試作その3:荷台の網戸カーテン

        荷台の虫除け


        荷台の虫除けの使い方
        外の景色を見ながらごろんと寝転んだり
        景色を見ながら食事をする…そんなとき
        虫に刺されず、外から内が見えにくく、
        でも、涼風はほしい…
        (母のリクエストより)

        材料:網戸(虫除け、外から内側がみえにくいもの)、はぎれの残り、磁石


        試作その4:後部座席用
        これはなんでしょう…

        後部座席の虫除け


        外からの見え方
        これからの季節、車中泊は暑いんですよね。
        窓を開けたいけれど、虫が…
        エンジンのかけっぱなしは省エネではないし…
        ということで、作ってみました。

        材料:荷台の虫除けで使用した編戸の残り、シルバーレジャーシート、磁石、


        店頭で、こんなものをみつけました。

        窓の虫除け・・・こんな製品みつけました。

        窓を開け、すっぽりとかぶせれば虫除けもなり、涼風も入るとか。
        お手ごろ価格だったので、買い求めました。
        試してみたいと思います。

        さて、三枝ちゃん(母)と行く車中泊の旅。
        次はどこへ行くのかな…。
         
        | 15YA(ジュウゴヤ) | 山遊び・川遊び・里遊び | 21:11 | - | - |
        佐原の古い町並み
        0
          小江戸「佐原」へ行ってきました。

          舟からゆるりと眺める佐原の古い町並み
          江戸情緒の残る佐原の町並みを
          舟から眺めていると
          昔の人の話し声が聞こえてくるようで…
          のどかです。

          白鳥の親子
          今年初めて川へ遊びに来たという
          白鳥の家族に会いました。
          最初は、夫婦でよく来ていたんだとか。

          2月を迎えると、お母さん白鳥は利根川で出産。
          その間、川へはお父さん白鳥が来ているそうです。

          子どもたちもみんな元気そうで、なによりです。
           
          | 15YA(ジュウゴヤ) | 山遊び・川遊び・里遊び | 21:03 | - | - |
          相模川キャンプ 二日目
          0
            今朝は、小雨が降っています。
            昨日の夕方、幾度か降った大粒の雨と風を
            つれてきた雲は、小田原の方に見えています。

            雨も降りすぎると、おっかないものになります。
            隣にいる人の声は聞こえませんし
            動物の声も、川の音も聞こえにくくなります。
            家の中では感じることができない夜でした。

            でも、雨があがると、
            空も昆虫たちもケロッとしている。
            自然にとっては、そんな日も
            普段の生活の一部、かな。

            蝶
            これは、蛾ににているけど、蝶?
            蝶は、昼間飛ぶ。そして、とまるときは羽を閉じてとまります。
            でも、蝶も蛾も、その姿は、自然がつくりだした芸術で
            うつくしいです。


            バッタ
            バッタ。
            葉っぱの色と同じなので、みつけにくいです。
            こうして自分を守っているとか。
            よくみると、一匹一匹顔が違って・・・人と同じ。
            性格も違うかもしれないね。

            蜂
            花。
            花は自分で歩くことができません。
            でも、風や蜂が、花粉や種を運んでくれるので
            この花の子孫は、世界中にいるかもしれない・・・。

            何を見ているのかな
            なんの鳥だろう?
            どこを見て、何を考えているのかな。
            私にそっと教えてほしいな。
             
            | 15YA(ジュウゴヤ) | 山遊び・川遊び・里遊び | 16:54 | - | - |
            相模川キャンプ
            0
              今日は、相模川でキャンプです。
              キャンプ

              この川をのぼれば道志川、そして富士山があり
              くだれば、海が広がっています。
              相模川

              釣をしている方と、川を眺めながら
              楽しいおしゃべり。

              今年の相模川は、鮎がよくとれるそうです。
              鮎

              私は、ときどき、こうしてキャンプにでかけます。
              それは、何もない生活の不便さと豊かさを
              わすれないために・・・
              と、言えばかっこいいけど

              楽しいから、かな。
              雨がザンザン降っている中で
              料理を作ることもあるけれど
              それは、それで楽しいです。

              今回は、友達が
              火おこしに、コレを使ってみようというので
              使ってみました。

              このチップ、なんだと思いますか?
              この木のチップは?

              正解は、猫ちゃんのトイレに使うアレです。

              100%杉の木というので、使ってみたところ
              これもありだなぁと。

              物に、さまざまな角度から
              光をあててみると

              そこには、ワクワクとドキドキが
              暮らしています。

              猫のトイレに使うアレです。
              | 15YA(ジュウゴヤ) | 山遊び・川遊び・里遊び | 23:23 | - | - |
              奈良井宿|長野県
              0
                日本の昔の面影を残す奈良井宿。
                この祭りのときは
                木曽平沢にも特急電車が停車する。

                駅
                東京から三時間。
                ザンザンと降っていた雨はなく
                日焼けが心配になるほどのお天気に。

                奈良井宿
                飛行機雲・・・どこへ行くのかな。

                伝統建築保存地区
                「お茶、どうぞ〜」
                お言葉にあまえ、あちらこちらのお店でひとやすみ。


                日本の家はうつくしいです。
                かわいい電球に窓枠に・・・ほっとする日本の家が並ぶ。

                喉をうるおす山の水
                森が元気な証・・・山の水。
                小道のつきあたりにも。

                ツバメがたくさんいました。
                奈良井のこの季節。
                空では、ツバメたちがビュンビュンと飛び交う。
                子育てのときはツバメたちも大忙し。

                おかあさん賑わう山菜料理のミニ講座
                少し前までは、そのあたりにはえていた野草や山菜が並ぶ。
                食べる機会が少なくなったわけは
                きっと、野菜やお菓子が手軽にいただけるようになったことにある。
                「わらびは煮たらダメよ。わらびの香りや味がぬけちゃうから。
                ワラビは煮ないで。」
                ワラビの強いアクのとり方を教えてくれたお母さん。
                佃煮、和え物・・・おいしかったです。


                湿気・暖房・消息・・・畳はありがたい。
                他のお宅のここには、苗字が書かれていたのだけど
                たたみや・・・さん。

                いい写真・・・とれたかな?
                「とらせていただいても、よろしいですか?」
                ここ数年、思うことは、高価なカメラマンを手に
                ヒョイヒョイと飛び回るお年寄りが増えていること。
                こちらまで元気になります。

                涼風や今日はいずこに風車




                背を押して足も軽やか太鼓の音
                帰ったら・・・
                早速、わらびかな。

                 
                | 15YA(ジュウゴヤ) | 山遊び・川遊び・里遊び | 20:39 | - | - |
                一期一会
                0
                  山の上から眺めていると
                  大地を、空を
                  眺めていると

                  遠くに富士山をみることができました。
                  この場所からも
                  見えました。
                  日本のやま。


                   
                  | 15YA(ジュウゴヤ) | 山遊び・川遊び・里遊び | 20:54 | - | - |
                  女性のアウトドアスタイル|15YAの家ごはん
                  0
                    山裾が少し色づいてきた頃
                    明日から二泊三日のキャンプへでかけます。

                     服装
                    15YA流アウトドアスタイルは、手軽に、安全に、楽しく。
                    服装は、行き先や気候によって加減しますが、身を守り、できるだけ脱ぎ着がしやすいもの、洗濯がしやく乾きやすいものを準備していきます。

                    最低銀必要な小物
                    街以外にでかけるときに持っていく小物。
                    行き先や気候、目的に合わせ、今の自分にとって使いやすいかどうかを基準に安全に楽しいときをすごさせてくれる小物を選び、これまでの海外旅行や野宿の旅、キャンプなどで増えたり減ったり入れ替わりをしながら、この小物たちが残りました。私にとっては使い勝手がよい小物です。

                    最底限必要な身を守る物
                    山や川は、朝晩と昼間の温度差があることは大半。
                    また、天候も変わりやすいため、レインウェア、体が温まる衣類も必需品です。水筒は、寒いときに体を温める”あんか”変わりになる素材のものを準備します。タオル、軍手、ビニール袋(大・小)も活躍の場はさまざまです。

                    ・「備えあれば憂い成し」も時と場合に合わせて
                    自分が持てる以上の荷物は、体力づくり以外の場合は、単に体力の消耗につながります。

                    <野宿のときに大活躍!ビニール袋の使い方>
                    旅先でも、冷えは体調不良のもの。ビニール袋を工夫して冷えから身を守ります。
                    ・首、両腕が通る穴をあけて着る(大)→雨から身を守る
                    ・両足が通る穴を足けて履く(大)→熱の消耗を防ぐ
                    ・冷えるときにお腹に巻く(大)→寒さからお腹を守る
                    ・雨で靴がグショグショにぬれたとき(小)→それぞれの足に履いてから靴を履くと、多少の冷えを防ぐことができます。

                    さぁ、明日出発です。

                    | 15YA(ジュウゴヤ) | 山遊び・川遊び・里遊び | 20:26 | - | - |
                    道志川で親と子の川遊び教室2013  in 青野原キャンプ場
                    0
                      「野田知佑の川遊び教室」が主催する
                      「道志川で親と子の川遊び教室」が開催されました。



                      青野原キャンプ場 野呂ロッジ


                      さぁ、みんな
                      川と遊んでおいで〜!

                      イヤーーッ

                      川へジャンプ


                      女の子も楽しもう!


                      キャーーーッ

                      女の子もジャンプ


                      跳びこんだり
                      潜ったり、泳いだり

                      カヌーも漕げるようになりました!

                      カヌーをこげるようになりました。

                      何がいるのかな?

                      そーっと川の中を観察して


                      川を観察して
                      いろいろな生き物がいることも
                      わかったね。

                      川にはどんな生き物がいたかな?


                      おや?
                      何を揚げているの?


                      何を揚げているのかな?


                      みんなでとった
                      沢ガニでしたか。


                      沢ガニ、いっぱいつかまえたんだね


                      バリボリ バリボリ

                      「うましっ!」


                      カニうましっ!


                      キャーーーッ

                      「みてみてぇ〜お魚が動いてるのぉ。」

                      お魚は泳ぎがじょうずねぇ。


                      動いているっ キャーー


                      「えっ?魚、揚げちゃうの?
                      かわいそーーっ。」

                      そうね。かわいそうね。
                      でも、みんな、お魚、食べたことない?

                      「・・・・・あるけどぉ。」

                      パクッ

                      ムシャムシャ

                      「おいしーーっ」

                      食べることは他の生き物の命をいただくことなんだね。
                      これも自然が教えてくれたこと。
                      自然に感謝!

                      魚おいしい〜


                      さぁ、今度は川レスキューの仕方を学ぼう。

                      ペットボトルに1割程度の水を入れて
                      ペットボトルの首にロープを硬くくくりつけ
                      おぼれている人に向かってなげましょう。
                      手に持つ方のロープを手にくくりつけると
                      川にひきづりこまれることがあるので危険です。
                      ロープの端っこに輪を作ったら手で持つだけですよーー。

                      スタッフのお茶目さんが声をあげて方法を指導。

                      川遊び教室では、「流され方」も身につけます。
                      これも大切なこと。

                      川には危険もあるから、レスキュー方法もしっかり学んでおきましょう。

                      川で思いっきり遊ぶ。
                      遊んでいるうちに子ども達は
                      みずから遊び方をみつけたり
                      何をしたら危険なのか
                      どうしたら、危険を避けることができるのかを
                      感じて学んでいく・・・

                      そのことを大人は子どもから学ぶ。

                      大人は、側で見守り
                      本当に必要なときに、ちょっと手を貸してあげるだけでいいんだ。

                      たった二日だけど
                      ほんの少したくましくなった子ども達。

                      たくましく、のびのび育てよ〜。

                      また、来年もお会いしましょう。


                      <川で遊ぶときの注意事項>
                      ・増水
                      川の水がどの位までだったら遊んでいいのか、事前に確認しておこう。

                      ・ビーチサンダルは禁止
                      脱げやすいビーチサンダルは転倒などのもと。事故につながるケースもあるので、スポーツサンダルやマリンシューズを履いてでかけよう。

                      ・ライフジャケットを着用
                      子どもも大人もライフジャケットを着て、おもいっきり川と遊ぼう。

                      「道志川で親と子の川遊び教室」
                      会場:青野原キャンプ場 野呂ロッジ
                      主催:野田知佑の川遊び教室


                      | 15YA(ジュウゴヤ) | 山遊び・川遊び・里遊び | 23:55 | - | - |