お花見のご案内|2016
0
    15YAのお花見会を4月3日(日)に行います。
    お気軽にご参加ください。
    一緒に春を楽しみましょう。

    詳しくはこちらをご覧ください。
    →15YAのイベント
    | 15YA(ジュウゴヤ) | イベント情報 | 09:33 | - | - |
    夕やけ山|吉垣花園|花と野菜直売
    0
      山頂につくと西側につらなる山に
      おひさまの足が隠れはじめ
      ステージでは、この山のイベント”里山時間”を担当する
      志保さんのアコーディオン演奏がちょうど終わったところでした。

      アコーディオンを弾いているのは、主催者の志保さん。

      さぁ、次のステージは子どもたち。
      「何にする?」歌い手の女の子が言うと
      「何にしようか?これは?」とピアニカ奏者の女の子。
      その話をじーーっと見守る小さな歌い手さんたち。

      次のステージは子どもたち。何を歌うのかな。

      1曲、2曲…澄んだかわいらしい歌声は
      紅葉する山々を包みこみ、かすかに青さを残す空へ響きわたっていきました。


      手づくりの遊具。遊び方は子どもたちが競い合ってみつけていきます。

      その向こうでは、手づくりのブランコと楽しむ男の子が二人。
      そこに演奏を終えた女の子たちがかけより人気者になったのは
      そのブランコの屋根にあたる太いパイプとそれよりも細くて長いパイプ2本を組んだ滑り台。
      遊び方や楽しみ方を競い合うようにみつけてゆく子どもたちの目は
      真剣で、ちょっと自慢げで、キラキラ キラキラ。

      「”里山時間”は、この山頂で子どもたちが楽しめるようなイベントにしたいと思っていて…
      妻が計画をたているんですが、前回のライブは70名ぐらいの参加があってすごい盛り上がりました。
      子どもたちも親御さんも楽しんでいただけたようです。(笑)」
      子どもたちの姿を嬉しそうに見守る主の和也さんは吉垣花園の三代目。
      この山で農薬や化学肥料を使わない花の栽培に挑戦されています。

      野菜の直売方法は「ご自分で選んでぬいてください。」と志保さん

      今年からはじまった野菜の直売。
      この時期は野菜が3種類ほどあるそうです。
      買い求め方は、自分で選んで自分でぬく!とのこと。

      ”里山時間”の参加費をお支払いして
      羽釜で炊いたご飯とダイコンのお味噌汁、ダイコン葉を使ったお惣菜も
      おいしくいただきました。

      ん〜〜っ、それにしても空が広い。
      星もきれいでしょうね。

      夕やけ山…またおあいしましょ。

      山の谷間へひが沈みかけると足元にひろがる紅葉も影をおろし…さぁ、そろそろ帰りましょう。

      「夕やけ山のお花やさん/吉垣花園」のご紹介
      ・場所:川崎市麻生区虹ヶ丘(琴平神社側)
      ・アクセス:虹ヶ丘小学校の左脇の道をのぼる。
      ・直売日:基本的に第1・第3水曜日/15時〜17時
      吉垣花園:Organic Flower Japan
      夕やけ山:里山時間
      | 15YA(ジュウゴヤ) | イベント情報 | 21:58 | - | - |
      ベジ&フォーク マーケット
      0
        2015年、秋の「ベジ&フォーク マーケット」がはじまりました。

        ベジ&フォークマーケット会場
        教室の帰り道、立ち寄ってみるとこの通り。
        たくさんの人で賑わっていました。

        旅する八百屋さん
        泥つき野菜を箱に整え並べていたのは…旅する八百屋「青果ミコト屋」さん。
        ミコト屋号というふるいキャンピングカーで北へ南へ農地巡礼中だとか。
        野菜を手に匂いをかいだり触れながら、野菜のこと、食べ方のこと、産地のこと…あれこれほほほー。
        いろいろな方といろいろなお話をするのもベジ&フォークの楽しいひととき。
        今日は、お野菜とレモンをいただきました。

        無農薬、自然栽培の野菜や果物たち。
        こちらのお店では、りんご、レモン、みかんの味見。
        うーーん、おいしいわ〜。

        玄米餅のいそべ焼き、いかがですか?
        我が家の大好物”玄米餅”。
        こちらではお餅を炭で焼いておぜんざいと磯辺焼きをいただけるのですが…
        おぜんざいはあっという間に売り切れてしまったとか。
        ということで…お醤油をすったのりを巻いて…「ハイ、どうぞ」。
        磯辺焼きもおいしゅうございました。

        野菜を使ったお寿司。
        きれいでしょーーー、お野菜を使ったお寿司弁当。
        日頃は料理教室やケータリングをされているそうです。
        「一番手がかかっているのは”おいなりさん”なんです。作り方はね、……。」
        ウフフフ。
        知りたい方は、ご主人に伺ってみてください。教えてくださいますよ。

        動物性は一切使っていませんよ。
        ベジ&フォークマーケットのコンセプトは
        「動物性食品、乳製品、白砂糖、食品添加物を使わない」ことだけど
        うれしいなぁと思うのは、その果物や野菜、料理はおいしいものが多いこと。

        自家製酵母を使ったパンやさん。
        「このビン(真ん中)は、松葉の酵母。作り方はね…」と教えてくださったのは、「ぱんノート」さん。
        「松葉のパン、おいしいよ!コレ。食べてみて!!」とボクが味見をすすめてくれます。
        お店は稲城にあってそちらで食べることもできるそうです。

        こんにちはーー。
        こんにちは…と声をかけると、ニッコリ微笑みを返してくれたのは
        お店のまわりをチョコチョコ歩くかわいい売り娘さん。

        ネパール料理だけど精進料理です。
        「有機野菜料理・薬膳カレー」の看板を出されていたのは、ネパールインド料理の店「チャンドラ・スーリヤ」さん。
        そのかおりにお腹もすいてきたので、こちらの薬膳カレー+豆乳ナンをいただきました。
        お店は、南林間にあるそうです。

        農薬や化学肥料を使わずに育てているお花やさん。
        あまりにもお花がうつくしくて、私も思わず足を止めてしまった「吉垣花園」さん。
        珍しいお花ではないのだけど…ひかれるというのか…うつくしいです。
        こちらのお花は農薬や化学肥料を使わないで栽培しているそうです。
        花の直売は、基本的には毎月第1・第3水曜日(15時〜17時)。
        場所は”夕やけ山の山頂”(麻生区 虹ヶ丘)で、景色もいいそうですよ。

        小さな図書館。
        ちいさなちいさな移動文庫「おさんぽ図書」。
        ベジフォークは、子どもたちの姿も回数を重ねるごとに増えている?
        子どもたちも学んだり遊べるスペースがいっぱい。

        木を使って遊びましょ。
        長方形の木材を使って遊びながら考え、考えながら遊ぶ子どもたち。
        作ってはこわし、こわしては作り…あぁ楽し〜〜。

        僕たち何に夢中になっているのかな?
        おや?背中を出してまで、何に夢中になっているのかな?

        ザリガニ釣りかぁ。
        今年は、ザリガニもたくさん。

        ワークショップもいろいろ。
        いろとりどりのタイルを組み合わせるワークショップに、子どもたちの目はキラキラ。
        このほかにもたくさん出展されていました。

        *農家カフェ&レストラン「のらcafe」さん、自然でやさしい味わいの和菓子づくり「あんむすび」さん、「まじめな蜂蜜や」さん、マヤナッツ(マヤの森を守り仕事をつくるマヤナッツプロジェクト」さん…お写真を掲載できなくてごめんなさい。楽しいひとときをありがとうございました。

        開催日時:2015年11月7日(土)・8日(日)
        会場:麻生環境センター(最寄り駅:小田急線柿生駅「南口」徒歩10分
         
        | 15YA(ジュウゴヤ) | イベント情報 | 19:06 | - | - |
        オーガニックマルシェ 〜ベジタブル&フォークマーケット〜
        0
          自分は自分が食べているものでできている…
          それは、牛も豚もニワトリも、人間も同じで、おとなも、こどももだって同じ。
          どんな食べものを、どう食べるかは、誰にとってもたいせつなこと…。

          おいしくてたのしいイベントの紹介です。
          ■オーガニックマルシェ 〜ベジタブル&フォークマーケット〜
          ・2015年11月7日(土)・8日(日)/10時〜16時
          ・麻生環境センター(小田急線柿生駅より徒歩10分)
          ・入場無料
          *雨天決行(荒天中止)

          動物性食品・乳製品・白砂糖・食品添加物を使わないというコンセプトのもと、飲食店・有機野菜・農産加工品・パン。焼き菓子・雑貨店・癒しブースなど、100店舗を超えるお店が集まる。


          ベジ&フォークマーケット
          (写真:2013年のマルシェの様子)

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
          15YAサロンの営業のお知らせ
          11月7日(土)の営業時間/13時〜17時
          予約→こちらからお願いいたします。
           
          | 15YA(ジュウゴヤ) | イベント情報 | 21:44 | - | - |
          ジャガイモの収穫祭
          0
            ジャガイモの収穫祭が
            7月18日に行われました。
            (植付け:ブログ3月29日)

            「女性のための健康体操」講座の開催と
            重なってしまったため
            残念ながら収穫祭に参加することは
            できなかったのですが
            おすそわけをいただきました。

            おいしそう〜。

            ジャガイモの収穫祭
            ・右上の丸型:アイユタカ(しっとりなめらか・味が染み込みやすい)
            ・右下の小判型:ホッカイゴガネ(煮崩れしにくい)
            ・左の赤紫色:グランドペチカ(甘みと粘りあり・煮崩れしにくい)


            *15YA健康塾のホームページ
            「未病のこと」を公開しました。
             
            | 15YA(ジュウゴヤ) | イベント情報 | 18:40 | - | - |
            15YA健康塾「春のイベント」のご案内
            0
              歩けば元気も沸いてくる。
              今年も富士山を眺めながらトコトコ歩いて
              足腰に、こころに、元気をつけましょう。

              日 時:2015年5月23日(土)
              参加費:一般1,800円/会員1,500円
              申込期限:2015年5月21日(木)

              詳しく→こちらをご覧ください。

              雪帽子浅めにかぶる春の富士
              | 15YA(ジュウゴヤ) | イベント情報 | 20:48 | - | - |
              ジャガイモ 〜植え付け〜
              0
                アイユタカ・グランドペチカ・ホッカイコガネ
                桜が咲きはじめたこの日、
                今年もジャガイモ会に参加させていただきました。

                下準備〜種イモつくり〜
                3年目ともなると、作業はスムーズ。
                まずは、ジャガイモをふたつに切り分け、種イモを準備。


                主催者のコジマさん
                歩いて数分。
                町田の町を眺めることができるその場所に畑はあります。
                主催者のコジマさんから植えつけるジャガイモ紹介が。
                今回は、アイユタカ、グランドペチカ、ホッカイコガネの3種類。
                好む風土や特徴の違うジャガイモたちが、
                同じ環境の中でどのように育っていくのか…楽しみです。

                土の栄養みーつけたっ!
                「これ、あげるぅ」
                カサカサ ガサガサ 落ち葉の音も
                ホロホロ ボロボロ くだける落ち葉の様子も
                ふかふか ふかふか 土の感触も
                みんな不思議で、おもしろいのよね。

                この種イモを植えるんだね
                さぁ、種イモを植えつけよう!

                間隔をあけて種イモを置く。
                ウネの真ん中に、深さ20センチぐらいの穴を掘り
                おとなの足ひとつ分ぐらい間隔をあけて、種イモを植えつけます。

                行儀よく並べたら
                植えつけ方にもいくつか方法があるそうで
                今回は種イモの切り口を空へ向けて置くことに。

                土を寄せる。
                「ほらっ、危ないから!」…と、おとなに言われても
                持ったことがないものは、持ってみたいし
                したことがないことは、してみたい。
                自分で確かめたいんですよね、こどもって。
                キラキラ イキイキ
                嬉しそうに土寄せをする子どもたち。


                野生化したブロッコリーなど野菜も収穫。
                我母も、キラキラ イキイキ。
                ジャガイモの植えつけより
                畑の脇で野生化したブロッコリーなど野菜の収穫を楽しみました。

                看板を制作中。
                さて、次は看板づくり。
                どんな看板ができるかなぁ…。
                看板ができたところで、植えつけ終了。

                さぁ、餅つきだ!
                その後は、みんなで餅つきをしました。
                ここではお父さんたちが大活躍です!
                子どもたちは、その様子を遠めで見てから
                「やりたい!」「やってみたい!」
                教わりながら餅つきにも参加しました。

                さぁ、いただきましょう。
                できあがった餅を受け取り丸めるのは
                お母さん、おばあちゃんたち。
                「やってみたいーーー!」と女の子も参加して
                あんこ、ずんだ、大根おろし、桜あんなど5種類のお餅を
                作りました。
                つきたてをみんなで食べるのは、やっぱりおいしーーーっ。

                シンプルでおいしかったジャガイモ料理
                手前にあるのは、釜焼きポテト。
                ジャガイモを5ミリ間隔で真ん中あたりまで包丁を入れて
                塩水をくずらせて釜戸で焼いたもの。
                花のように焼きあがったジャガイモはかわいらしく
                味はホクホクでおいしかったです。


                〜コジマ大工さんの今回のものづくり〜

                コジマさん制作:その1
                トレーと丸め分けたお餅がさめないように考えられた台。
                廃材などを使って作ったそうです。

                コジマさん制作:その2
                写真中央の餅つきの臼は、コジマさんのおじいさんが作られたもので
                ここに手を加えて古くて新しいウスに。
                キネ置きやテーブルにもコジマさんらしい工夫が。

                収穫は90日後・・・。
                うっすら汗かき、楽しい一日をすごすことができました。
                ジャガイモの収穫は90日後…。
                 
                | 15YA(ジュウゴヤ) | イベント情報 | 22:50 | - | - |
                15YAのお花見会のご案内 〜2015・4〜
                0
                  今日の町田はとてもあたたかく
                  昨日までかたく閉じていた桜が
                  あちらこちらで咲きはじめました。
                  来週末は、きっとお花見日和。
                  さぁ、今年もみんなで
                  お花見へでかけましょう。

                  日 時:2015年4月5日(日)/11時〜14時
                  場 所:子どもの国
                  詳しくはこちらをご覧ください→


                   
                  | 15YA(ジュウゴヤ) | イベント情報 | 20:37 | - | - |
                  発酵の里こうざき まつり2015
                  0
                    下総神崎駅
                    こうざきを初めて訪れたのは、今から15年ほど前のこと。


                    周辺は田んぼ
                    駅の周りは、驚くほどに変わっていなくて



                    呼び込みをするご婦人たち
                    町は、驚くほど活気と笑顔にあふれていました。

                    「粕入りのっぺ、いかがですか〜」
                    「黒豆おむすびもおいしいですよ〜」
                    と、お揃いの橙色の三角巾をかぶったお母さんたち。
                    少し恥ずかしそうで、楽しそう。

                    お宅の庭で
                    家の庭が、今日はライブ食堂。
                    ここでお母さんたちの手作りをいただく。

                    粕入りのっぺ汁と黒豆おむすびと人参をいただく
                    粕入りのっぺ汁と黒豆おむすびと
                    お土産の人参1本…ごちそうさまでした。

                    少し行くと…

                    蕎麦うちを頑張るお父さん
                    もくもくと蕎麦を打つ人、茹でる人…、男性陣が汗をかいていました。
                    日頃は、どんな仕事をされているのかな?

                    家族もご近所も、みんなで蕎麦支度
                    茹でた蕎麦を受け取るのは、女性陣。
                    家族?ご近所さん?みんなで手分けして注文にこたえようと汗をかく。
                    頑張って!

                    ザル蕎麦をいただく
                    ザル蕎麦、ごちそうさまでした。

                    このほかの店頭には
                    お味噌や麹、漬物など皆さんご自慢の
                    発酵手作り食品が並んでいました。

                    人参ジュース販売
                    こちらは、人参の味に自信あり?!
                    人参ジュースやさん。
                    人参のおいしさをシンプルにいただきます。

                    天然酵母パン販売
                    天然酵母パンやさん…10年前に比べると
                    身近な存在になりましたね。

                    キッシュやケーキ販売
                    おいしそうなキッシュやさんもありました。

                    発酵コリアンカフェ
                    発酵コリアンカフェ。
                    若い女性たちも発酵食品は大好き。


                    海草を使ったパン販売
                    こちらには、黒いパンが並んでいました。
                    パンに海草を使っているんだとか。

                    あちらこちらに立ち寄りながら
                    ようやく到着…


                    寺田本家では…
                    自然酒五人娘 香取蔵元の寺田本家。

                    人、人、人
                    蔵の前は、この賑わい。
                    入り口で試飲用のカップをいただき
                    人をかきわけていくと

                    試飲でみんなほろ酔い
                    蔵人だちがあちらこちらでお酒をついでくれます。
                    今年の試飲は10種類…ホヘッ


                    観音様も喜んでいらっしゃることでしょう。
                    少しのお酒は、良薬なり。

                    どぶろくをいただいた。
                    生きているお酒”どぶろく”。
                    久しぶりに、いただきました。



                    蔵の裏手では…
                    発酵風呂の足湯あり、ライブあり

                    その周りで
                    竹テント作り
                    竹でテント作り体験や

                    染物体験
                    染物体験、

                    おせんべい焼き体験
                    おせんべい焼き体験に

                    竹とんぼ体験
                    竹とんぼ作り体験
                    手づくり文化、たいせつにしたいな。

                    卓球台も・・・
                    卓球体験?もありました。


                    今日、私がはじめて体験したのは…

                    柿渋は、渋かった。
                    柿渋の試飲。
                    柿渋は、染物や柱などの塗料とするだけではなく
                    飲むこともできるとのこと。
                    でも…、ニガッ!渋ッ!!


                    ゆるキャラ「なんうやもんじゃ」も今日を喜んでいました。
                    帰り道。
                    樹齢2000年の”なんじゃもんじゃの木の分身?
                    ”なんじゃもん”が見送ってくれました。

                    今日も楽しい一日でした。

                    では、ごきげんよう。

                    お酒造りについて
                    寺田本家

                     
                    | 15YA(ジュウゴヤ) | イベント情報 | 22:05 | - | - |
                    木曽漆器|漆工町 長野木曽を歩く
                    0
                      漆器のお店や工房が並ぶ木曽平沢。
                      漆器を使うことが少なくなったとはいっても
                      お味噌汁茶碗は漆器を使っているお宅が
                      多いのではないだろうか。

                      漆器は、熱を外ににがしにくい特徴をもつため
                      入れたものは冷めやすく、器はもちやすい。

                      温かい物は、温かいうちに
                      冷たいものは、冷たいうちに・・・
                      という、日本の食事には適した適した器といえる。


                      巣山さん宅
                      漆器祭りでは、
                      日頃みることができない蔵出し物や創作漆器を
                      みることができるため、ときどき足を運んでいる。

                      この日、足が止まったのは
                      こちらのお宅兼工房。

                      素敵なお部屋に
                      高い天井の素敵なたたずまい。
                      そこにお皿を中心としたあたたかみのある漆器が
                      並べられていた。

                      「工房もどうぞ・・・」とご主人。

                      工房へも招かれて
                      細長い玄関の裏側を出ると
                      庭の向こうに立派な蔵がふたつ並んでいて
                      明かりがついている方が工房だ。


                      作業台


                      ぬる道具


                      ロクロ
                      ろくろ。

                      いろいろな色の漆
                      黒、朱や緑などの色漆。

                      乾かしているところ
                      乾かしている最中の漆器。

                      塗る前の器

                      裏手には、器の材料を加工する部屋が。


                      ねん糸機?とはたおり機
                      工房には、はたおりきも・・・。


                      素敵な漆器
                      漆器というと、扱いにくい、はがれやすい、高価なもの
                      というイメージが母ぐらいの年代の方には多いようだけれども
                      そんなことはないんだとか。

                      うつくしい漆器の色
                      ・洗うときは、中性洗剤を使って、やわらかいスポンジで洗うことができる。
                      ・汚れがしつこいときは、しばらくぬるま湯につけおきし、汚れがとれたところで
                      同じように洗う。
                      ・洗い終わったあと、水気が少なくなったら乾いた布で拭けばつやも出て、長持ちする。
                      ・収納は、他の器と同じように食器棚。(日のあたる場所にはおかない)

                      扱いは、陶器の扱いと、それほど変わらず
                      頻繁に使うことで、乾燥から防ぐことができるとのこと。
                      飾って眺めるのもよいが、使う方がよさそうだ。

                      *注意事項
                      ・なるべく冷蔵庫には入れない。
                      ・電子レンジやオーブンでの使用はしない。

                      巣山元久さん
                      漆芸家巣山元久さん、ありがとうございました。

                      膝芸:巣山工房

                       
                      | 15YA(ジュウゴヤ) | イベント情報 | 20:51 | - | - |